離婚の際は、弁護士に相談をしておいたほうが、離婚後の人生で幸せになれる可能性があがります。しかし、弁護士費用の平均は50万円くらいと、かなり高額になってきますので、弁護士選びは慎重に行わなければなりません。女性の場合なら、弁護士が男性だと話しにくいこともあると思われるので、女性の弁護士のほうがよいかもしれません。いずれにしても、まずは相談をしてみましょう。正式に依頼をすると、高額な報酬がかかってきますが、相談の段階では、1時間あたり5千円~1万円程度の相談料がかかるだけです。法律事務所によっては、初回のみ相談が無料というところもあります。一定の資金条件を満たしていれば、法テラスの無料相談が利用できることもあるので、検討してみましょう。

法律事務所によって料金が異なる

法律事務所を選ぶときは、離婚問題を専門に扱っているところがおすすめです。弁護士にも得意・不得意があるので、「債務整理に強い」と書かれている法律事務所に相談をしても、適切なアドバイスはもらえないこともあります。離婚問題を専門に扱っており、実績と経験が豊富な法律事務所を選ぶことが1つのポイントです。さらに、料金についても法律事務所によって異なるので、ホームページなどを見て比較をしましょう。ホームページに書かれている料金は一定の目安であり、正確な料金は依頼内容によって変わってきます。ホームページを見て、よさそうな法律事務所を3つ~4つくらい選んだら、実際に事務所を訪問して、面談を受けてみましょう。とても重要なことなので、すぐに契約を決めてしまわず、何社かで面談を受けた後で、信頼できそうな弁護士を選びましょう。

夫婦の話し合いで解決をするのが理想?

離婚の時に問題となるのは、離婚の成立だけではありません。慰謝料、養育費、子供の親権、面会交流権、財産分与など、さまざまなことについて取り決めをしなければなりません。夫から「100万円の慰謝料を支払う」という約束をしてもらっても、後から「慰謝料の相場は200万円だった」ということを知って、後悔をしてしまうこともあるので、相談だけでも受けておくようにしましょう。すべての問題について依頼をすると、弁護士費用は高額になってしまいます。「子供の親権問題については夫婦で話し合って決めて解決をする」というように、夫婦の話し合いで解決をしてしまったほうが、弁護士費用を節約できます。しかし、夫のほうが知識は豊富である場合には、うまく丸め込まれてしまうこともあるので、弁護士のアドバイスは受けておくことがおすすめです。