離婚をしたいのに夫婦間で話が平行線になってしまったりする場合には、弁護士への相談をしてみることです。相談したからといって、必ずしも裁判を起こしたりするわけではなく、当事者間に入り交渉も行ってくれるため、協議離婚が成立する可能性もあります。弁護士に相談し、依頼が成立すれば、法律知識に基づいた解決方法のアドバイスを受けることもできるようになります。相手方がすでに依頼している場合には、離婚条件などが相手の都合の良いように進んでしまう可能性もあるため、早めに探し始める必要があります。しかし、弁護士の得意分野や実績、人柄までは、看板だけでは分からないですが、時間がかかったとしても自分がなんでも話せ、相互理解しやすい、気の合う人を選ぶ必要があります。

弁護士を選ぶときのポイントとタイミング

弁護士を選ぶときのポイントは、なんでも話すことができ、相互理解しやすいことです。弁護士は、様々な分野の案件を手掛けているため、必ずしも離婚案件の実績があるとは限りません。そのため、実績があるところを選ぶようにした方が安心です。争点が離婚のみの場合であっても弁護士費用は、着手金や報奨金が各30万円から50万円以下は必要となるため、費用を明確にしてくれる弁護士を選ぶようにします。追加でいろいろな費用を請求されることもあるため、最初にしっかりと見積もりを提示してくれるところのほうが安心です。依頼するタイミングも重要になります。相手方に有責の証拠があり、資産や収入がある場合には、早い段階から依頼したほうが良いですが、相手方に資産も収入もない場合は争うだけ無駄になる可能性もあるため、タイミングは重要です。

離婚相談のための弁護士の探し方

探し方としては、知人や友人などの知り合いの紹介してもらうことです。その際に離婚調停を依頼したことがある人からの紹介であれば実績もあるためより安心です。弁護士によっては、紹介者がいないと受任しないこともあるため、お互いにとっても紹介者がいた方が安心です。知り合いの紹介がない場合には、弁護士会に法律相談を申し込む方法もあります。法律相談の時に相談内容を伝えることで、当番弁護士の中から相談内容に適している弁護士を紹介してもらうことができます。相談料は、30分以内で5000円前後が目安になっているため、事前に相談内容や質問事項を整理しておかなければ時間切れになってしまうこともあるため、注意します。その他にも、インターネットや電話帳などを使って探す方法もあります。