離婚を決意したものの、周囲の人に相談するのは難しいという場合は多いでしょう。特に身内からは余程の理由がなければ離婚自体に反対されることもありますし、友人や知人に相談するのも抵抗があるものです。そして何より、離婚を決意しても何から始めれば良いのか悩むことも多いのではないでしょうか。離婚は結婚時よりも面倒なものであり、この決断が一生後悔するものになっては意味がありません。後悔しないようにするには、離婚のプロである弁護士に相談をしてみるのが良いでしょう。しかし、弁護士と言っても色々なタイプの人が存在しています。依頼するのであれば、離婚に強い弁護士にお願いしたいものです。そこで、離婚の相談をするならどのような弁護士を選べば良いのか注意点をご紹介します。

弁護士の探し方をご紹介します。

離婚の相談をする為には、まず弁護士を探さなくてはいけません。しかし、その方法は様々であり、誰に依頼すれば良いのか悩むものです。一番探しやすいのが、法テラスや弁護士会です。法テラスとは弁護士を探すことができる機関です。各都道府県に窓口がありますので、まずは問い合わせてみましょう。また、収入が一定額以下などの条件に当てはまると無料で法律相談を受けることができます。ただし、機関によっては直接弁護士を紹介してもらえない場合もありますので、事前に確認しましょう。他の方法としては、友人や知人からの紹介という場合もあります。離婚経験のある友人などがいる場合は聞いてみると良いでしょう。また、最近ではインターネット上で探すという方法もあります。便利なのですが、良いことしかかかれていないことも多い為、1社ではなく何社か検討してみることが必要です。

離婚案件の実績があるかどうかをチェック

離婚の案件で弁護士に依頼する場合には、離婚案件の実績があるかどうかをチェックしましょう。弁護士は様々な分野の案件を手掛けていることもあり、必ずしも離婚に対しての実績があるとは限らないのです。その為、過去にどのような案件を手掛けているかどうかをチェックするのが大切です。また、これは弁護士全体に言えることですが、費用をしっかり明示してくれるかどうかもポイント。離婚をする時には経済的余裕がないことも多い為、不明確な情報だけで判断しないように注意しましょう。後から追加で徴収されることのないように、最初に見積書を提示してもらえる弁護士を選ぶと安心です。また、人生経験の浅いタイプの人よりも色々な経験をしてきた弁護士の方が幅広く考えることができる為、人柄もチェックしましょう。