日常生活において弁護士を活用するケースの1つに離婚があります。離婚では、当事者双方が財産の分割や子供の養育など納得をしている場合には、手続きもスムーズに進めることができます。しかし、それぞれの主張が異なる場合には第三者に判断をしてもらうことになり、ここでは離婚調停、より複雑な場合には離婚裁判によって決着をつけることになります。手続きは、そのほとんどが弁護士に依頼をすることで進められますが、一般の人の場合、弁護士の探し方や依頼の方法、費用はいくら必要となるのかなど分からないことが多くあります。特に費用に関して法律事務所は高いというイメージがあるために不安になります。離婚で弁護士への依頼を考える場合には、どの点が自分にプラスになるのか、また、費用に関しても把握をしておくことが必要になります。

離婚で弁護士へ依頼する場合に最初に行うこととは

弁護士への依頼では、最初に離婚内容に関して相談をすることになります。ここでは、離婚の原因や、財産分与などを始めとして相手に要求をしたい内容を相談することになり、弁護士は相談者に対して最適なアドバイスや方向性を提案することとなります。弁護士へ相談をすることで、依頼をすることで得られるメリットとともにデメリットも確認することができるようになり、希望する内容によっては弁護士が代理人とならないまでも、定期的なバックアップ契約を結ぶことで対処をすることも可能となります。相談をする場合には、最も大切な点として案件に対しての準備があります。ここでは弁護士が分かりやすいように事前に文書等にまとめておく必要があり、まとめておくことで時系列の説明もできるようになります。

離婚相談で必要となる金額について

弁護士への離婚相談の場合には、30分5,000円の費用が必要になります。一般的に、法律事務所では相談料として設けており、離婚問題に関わらず他の案件の場合にもここでの費用がかかることになります。因みに司法書士では30分3,000円となっています。法律事務所によっては相談料を無料としているところもあり、例えば、各自治体などで設けている法律相談などでも無料で受けることができます。法律事務所の活用では、メールや電話での問合せに対応をしており、相談を申込む場合には事前に連絡を入れる必要があります。通常、法律事務所では申込段階でおおよその内容の確認を行います。相談料は申込時に確認をすればよく、同時に事務所を訪れることができる日時を決めることになります。日時に関しては遠慮をせずに申し出をすればよく、決められた日時を厳守することが大切になります。

全てのオフィスが駅から徒歩10分圏内となっている為アクセスしやすくなっております。 離婚問題で悩まれているあなたへ。離婚問題でこれ以上悩んで欲しくない私たちが精一杯サポートいたします。 お問合せ:0120-272-585(土曜・日曜も相談可能) 24時間受付可能となっております。 当事務所はご依頼者様のことを第一に考え最良のサポートを心がけております。 離婚に関するご相談は【オーセンス】へ